猫のキャリーバッグ。ハードケースよりリュックがおすすめの理由とは

動物病院に通院する時や引っ越しする時。

または、災害が起きてしまって避難しなければいけない時。

猫と一緒に外出する際に必ず使うのが『キャリーバッグ』ですね。

皆さんは、どのようなキャリーバッグをお使いでしょうか(o^^o)?

プラスチックでできたハードケースや布製のソフトケース、最近ではリュック型のキャリーバッグも増えてきていますね。

様々なタイプの猫用キャリーバッグがありますが、今回はハードケースとリュックのキャリーバッグを実際に使ってみた感想をお伝えします(^^)

ぜひ、キャリーバッグ選びの参考にしてみてください♪

ハードケースタイプのキャリーバッグを最初に使ってみた

ペットショップに行って猫用のキャリーバッグを探したら、まず目に入るのがこのハードケースタイプのキャリーバッグでしょう。

私自身も、初めて猫を飼うことになった時に、まずこのタイプのキャリーバッグを購入しました。

それでは、ハードケースを実際に使ってみて感じた、メリット・デメリットからご紹介していきましょう(^^)/

メリット:丈夫

ハードケースはプラスチックでできているため、とても頑丈です。

そのため、動物病院に連れて行くとわかって暴れてしまう猫ちゃんでも、ハードケースであれば壊れる心配はほとんどないでしょう。

また、多少の衝撃であれば猫ちゃんを守ってくれるので、危険の多い外出時でも安心できます。

メリット:上からフタを開けられるから楽に取り出せる

私が使っているキャリーバッグは上のフタから猫を取り出すことができます。

このようにキャリーバッグの上に開閉部分があれば、動物病院に行くと緊張したり、怯えたりする猫ちゃんでも、上からひょいと取り出すことができます^^

診察時も、獣医さんの手を煩わせずに短時間で診察台に乗せることができるのでオススメです♪

キャリーバッグの横に扉がついているものだと、動物病院の診察時に猫ちゃんが怖がってキャリーバッグの隅で固まってしまい、捕まえにくくなってしまうということがあるそうです。

そのため、横にしか扉がないようなキャリーバッグは避けた方がいいかもしれませんね(^^;

デメリット:取っ手が手に食い込んで痛い

ハードケース自体は重くないのですが、キャリーバッグの中にそこそこ体重がある猫を入れることで、ケース全体の重さが5キロ近くなります。

もっと大きい猫ちゃんであれば、もっと重くなりますよね(^^;

ハードケースはキャリーバッグに取っ手が付いているだけなので、その重みを片手で持ちあげるのはとても苦労します( ;∀;)

あの取っ手、片手で持つと手に食い込んでなかなか痛いですよね…。

中には、ショルダーベルトが付いているキャリーバッグもありますが、片方の肩にその重みが一気にかかってしまうので、それもまた辛いところです…。

次にリュックタイプのキャリーバッグを購入してみた

ハードケースのキャリーバッグは頑丈ですが、どうしても片手では持ちにくく、徒歩で移動する際には結構大変な思いをしました(^^;

そのため、リュック型のキャリーバッグであれば、両手が空いて移動もラクなのではないか…!?と思い、2個目のキャリーバッグとしてリュックを購入してみました(*’▽’)

リュックのキャリーバッグも同様に、メリット・デメリットをご紹介します(^^)/

メリット:両手が空いて移動がラク

リュックの最大のメリットは、ズバリ両手が空くことです!

両手が自由になるので、キャリーバッグ以外にも荷物を簡単に持つことができます。

リュック自体にもポケットが充実していれば、ちょっとした外出には最小限の荷物で済みます^^

また、ハードケースで苦労していた持ち運びの点も、リュックで解消されました。

両肩にベルトがあり、キャリーバッグの重さが両肩へ均等にかかるので、人間の体への負担が少なくなります。

動物病院へ通院する際に、徒歩や自転車を使う方にはピッタリなキャリーバッグではないでしょうか…?(´▽`)

メリット:前にリュックを掛ければ猫の様子がわかる

キャリーバッグに入れられて不安に駆られる猫ちゃんも多いです。

そんな時にリュックであれば、飼い主さんとの距離が近いため、飼い主さんのニオイをすぐ感じられて猫ちゃんも安心してくれるはずです^^

ちなみに、私自身がリュックを使う時は、背負わずに、自分の体の前に掛けるようにしています。

こうすることで、リュックのフタ部分のメッシュ素材を通して中にいる猫の様子が伺えるので、私も猫にとっても安心なのです^^

デメリットが思いつかなかった(´▽`)

ハードケースとリュックの使用感を比較するからデメリットも挙げないと…と思いましたが、リュックのキャリーバッグを使用していて、今のところデメリットは感じていません(^^;

素晴らしい商品を開発してくださったメーカーさんに感謝です…。

しかし、私が購入したリュックでは大丈夫でしたが、ハードケース同様に硬い素材で出来ているリュックのキャリーバッグでは、重さや通気性が心配とされている口コミも散見されました。

猫ちゃん自身も4、5キロ、もしくはそれ以上の体重の子がいますので、ケース自体が重いと持ち運びがツライですよね(^^;

また、通気性の点でも、夏の暑い時にキャリーバッグ自体の温度が高くなってしまわないか?熱中症対策も必要ではないか?など、猫ちゃんのことを気に掛けて使う必要がありますね。

リュックのキャリーバッグが超便利!

ハードケースとリュックのキャリーバッグ、実際の使用感を比較してみました。

個人的な意見にはなりますが、圧倒的にリュックのキャリーバッグが便利だと感じています♪

  • 両手が空く
  • 人間の体への負担が少ない
  • 素材を選べば意外と丈夫

と、リュックのキャリーバッグはメリットだらけです(o^―^o)

ハードケースに比べてリュックのお値段はやや張りますが、それだけの価値が十分にあると思います^^

また、リュックのキャリーバッグはペットショップにあまり置いていないので、ネットで購入することがほとんどになります。

しかし、ネットにも多くの商品が存在するので、どれを選べばいいのか迷ってしまいますよね…(^^;

「こんなはずじゃなかった!」と購入してから後悔しないように、購入する前にその商品の口コミなどを確認しておくといいでしょう(^^)/

ちなみに、筆者が現在使っているキャリーバッグはこちらです(^^♪
↓↓↓

猫ちゃんと、飼い主さん、お互いがお気に入りになるキャリーバッグが見つかることを願っています♪