夏が来た!猫が快適に過ごすためのクールマットをご紹介!

毎日30℃越え!

ということで、今年も夏が来ましたね!!

年々暑くなっている日本ですが、お留守番猫さんにはどうやって快適にすごしてもらうのがいいのでしょうか。

今回は、暑い夏を猫さんが安全に快適に乗り越えられるように、ひんやりクールマットのおススメをご紹介したいと思います!

夏を猫に快適に安全にすごしてもらうためにはクールマットが1番!

年々暑くなってくる夏。

35度の猛暑日も珍しくなくなってきましたね!

日中猫さんをおいて留守にする飼い主さんは、猫が暑さでぐったりしてしまうんじゃないかと心配になってしまいますよね。

私も昼間は仕事で家をあけてしまうので、クーラーなしで猫が熱中症になってしまわないかと思って色々と調べました!

そもそも猫さんは暑さに強いんじゃない?と思いがちなんですが、残念ながらそれは違います。

暑くなってくると、猫の寝相に変化があるのに気付きませんか?

手足をびよ~んと伸ばして、体をフローリングなどの床にべったりつけて寝ているはずです。

この体勢は身体にこもった熱を放出するためのもので、猫が暑さを感じている証拠なんです。

それではどうすれば夏場のお留守番が快適になるか、というと、やっぱり一番手っ取り早いのはエアコンをつけて外出すること。

室温の設定は28℃くらいで十分ですし、猫は湿気に弱いので除湿(ドライ)の設定のほうが嬉しいかもしれません。

風向きをスウィングさせて、涼しい風が部屋を循環するよう気をつけてあげれば快適なお留守番間違いなしです!

ただし、家計に大打撃です!

猫さまには申し訳ないけれど、うちにはそこまで贅沢をさせてあげる余裕はありません。

気温が40℃を超えそうな予報の日にはやるかな、という感じです。

(数年に1回もないんじゃない、という感じですが、今年の異常な高温を見ていると心配になりますね)

かといって窓をあけたら防犯上も猫の脱走や事故の面でも心配。

遮光カーテンだけでは不安、扇風機の風は嫌い。

それでは我が家でどうしているかというと・・

ペット用クールマット!

クールマットの上にお気に入りのタオルなどをひいてやると、室温があがってきたな~と思うとのそのそ移動。

ペタンと横になって、気持ち良さそうに寝ています。

もちろん住んでいる地域、ご家庭ごとの気象条件は大きく違うので、一概にクールマットひとつで十分だとは言い切れませんが、我が家ではありがたいことにこれ一枚で夏を乗り切っています!

大人気の猫用クールマット!ジェルタイプのおすすめはコレ!

そんなペット用クールマットですが、たくさんの種類があって本当に迷ってしまいます!

大きく分けるとジェル・布・アルミ・大理石(!)などなど、素材も形もたくさんあるんです。

これはもう猫さんのお気に召すものを見つけてあげるしかないのですが、我が家はジェルタイプを使っています。

ジェルタイプのおススメは、Amazonでベストセラー1位にもなっている『EVELTEK ペット犬・猫用ひんやりシート』

一番大きいのは90×50センチサイズまであって、しかもこれ三つ折できるのでサイズの調整も可能です。

特徴は他のジェルタイプに比べて生地が厚いこと。カバーが二重になっています。

犬・猫の噛み付き、引っかきで破れるのを防止するために工夫されているんです。

Amazonでも楽天でも購入可能ですが、比較してみると楽天が4,780円、Amazonが2,899円となっていて、Amazonの方が断然お安くなっています!

これはたまに、夜、飼い主が奪ってしまうやつです・・(笑)

最近では猫鍋や猫ボウルなど、アルミのおわん状のものも人気ですね。

ひんやりしている上に猫が入ってくれるとインスタ映えする写真が撮れますので、見た目の可愛さを選ぶなら『猫鍋』がイチオシです!(笑)

うちの子は猫なのにあんまり狭いところに入りたがらないので、買っても使ってくれるか分かりませんが・・

今のジェルタイプに飽きてしまう前に試しに購入するのもありかな、と検討中です。

クールマット以外の暑さ対策!みんなこんな工夫をしていた!

以上のように、クールマットやアルミ製のボウルなどで暑さ対策をしているご家庭は多いようですが、その他に工夫できることはあるんでしょうか。

まずは、いくつかお部屋のあるご家庭であればなるべく色んな部屋を開放してあげましょう。

もちろん猫がイタズラをしてしまう可能性があるので、大丈夫なところだけです。

お風呂場は結構暗くて涼しいので、お風呂の水を抜いている場合にはここも開放してあげるといいと思います。

リビングや猫部屋など限られた空間を閉め切ってしまうよりも、かなり空気の流れに違いが出ますよ。

次に、新鮮な水をあちこちに置いてあげましょう。

水が循環する自動の給水器は水が痛むのを防いでくれて更に効果的です。

猫は暑さを感じると水をたくさん飲んでたくさんおしっこをして体温調節をします。

夏場だけではありませんが、特に暑い日には新鮮な水がいつでも飲める環境を作ってあげてください。

また、特に長毛種の子などに効果的なのは、念入りなブラッシングです。

室内飼いの猫の中には、うまく冬毛と夏毛の生え変わりができていないケースも多くあるようなんです。

入念にブラッシングをして余分な毛を取ってあげると体感温度がまったく違ってくるそうですよ!

以上のように、みなさん色んな工夫をしながら猫さんにとって快適な環境を作ってあげているようです。

それでも特に今年のような猛暑の夏は、十分猫たちの様子を観察してあげてくださいね。

犬のように口を開いて呼吸をしていたり、食欲がない、ぐったりしているなどは熱中症のサインです!

すぐに獣医さんに診てもらってください。

猫さんの健康を守れるのは飼い主さんだけ。

しっかりと対策して、安全に快適に夏を楽しみましょう!