愛猫の冬対策!くつろげる場所を。ベッドの選び方とタイプとは

1日の大半は寝る猫ちゃんにとって安心できる場所は必要です。

これから冬を迎える前に、大事な猫ちゃんが風邪をひかないように暖かい寝心地の良いベッドを選んであげたいですよね!

今回は猫ちゃんの冬の対策としてベッドのタイプと選び方をまとめてみました。

冬の対策!愛猫のベッドの選び方とは?どんなタイプがあるの?

猫ちゃんが冬越えするための対策を一緒に考えていきましょう!

猫ちゃんの冬用のベッドの選び方ですが、猫ちゃんはふわふわした素材を好みます。

特に冬用のベッドは保温性に優れていますので、ふわふわした種類の物がたくさんあります。

そこで、猫ちゃんに心地よく過ごしてもらうために、冬用ベッドを選ぶポイントを紹介します。

愛猫のオススメの冬用ベッドはこちら!
↓↓↓
>>冬用ベッドを最安値でゲット!

猫ちゃんの冬用のベッドの選び方

まずは猫ちゃんの冬用のベッドの選び方について見ていきましょう!

洗濯ができる

猫ちゃんは抜け毛が付着したり嘔吐で汚してしまいます。

猫ちゃんの周りを清潔にするために洗濯ができるベッドが良いです。

猫ちゃんのサイズに合ってるか?

猫ちゃんは丸くなって寝たりしますが、体を伸ばしたりもします。

猫ちゃんの体より余裕のある大きさの方がくつろぎやすいです。

柔らかい素材のものを

猫ちゃんはふわふわした柔らかい素材のベッドが寝心地が良くて大好きです。

全体が布地で、ベッドの中身が綿が詰まっているものがオススメです。

冬用ベッドのタイプ

実際にどんなベッドがあるか見ていきます。

ざっと分けてオープンタイプとドームタイプがあります。

オープンタイプベッド

保温性に優れた素材を使用してるため猫ちゃんがリラックスできるのは間違いなし。

猫ちゃんが丸くなる丸型や手足を伸ばせるスクエア型があります。

ドームタイプベッド

こちらはオープンタイプと違って屋根が付いています。

全体が柔らかい布地でできてて保温性は抜群です。

警戒心の強い猫ちゃんが安心できるベッドでもあります。

全体が洗えるものもあれば、底面の部分だけ外して洗えるものがあります。

中にはコタツ型の面白いベッドも見つけました。

猫ちゃんがベッドを使ってくれない。どうすれば良い?

せっかく猫ちゃんのためにベッドを購入したのになかなかベッドに入ってくれないなんてことはありませんか?

これはベッドの素材や匂い、場所にヒントが隠されています。

猫ちゃんがどんな場所を好むか、素材や匂いの問題を考えていきます。

愛猫がベッドを使ってくれない時は?

次に、愛猫のためにせっかく買ったベッドを使ってくれない時の対処法を紹介します!

飼い主さんのそばが大好き!

猫ちゃんは飼い主さんの近くだと落ち着くようですね。

かく言う我が家の愛猫もそうです。

毎晩決まって自分のベッドに来ます。

なので愛猫のベッドを自分の寝床の端に置いたらそこに寝てくれます。

猫ちゃんがそんなタイプだったら飼い主さんの近くにベッドを置いてあげてくださいね!

素材や匂いが気に入らない。

前述でも申しましたが、ほとんどの猫ちゃんはフワフワ感がある素材を好みます。

ベッドのタイプや素材を変えてみるのも一つの方法です。

猫ちゃんは嗅覚が鋭いので素材の匂いに違和感を持つ場合があります。

匂いに関しては新しいベッドに独特の匂いがある、他の猫ちゃんが使った匂いが残っていると言う理由からなかなか入らないこともあります。

一旦洗濯で匂いを取りのぞいて安心させてあげましょう。

あとは、愛猫が大好きなおやつをベッドに置いておくという方法もオススメですよ!

我が家の1匹はその方法でベッドを使ってくれるようになりました(*^-^*)

薄暗い場所を好む。

猫ちゃんは薄暗い場所が好きです。

眩しそうにしていたら部屋のカーテンを閉めるか、暗い場所に連れていくことです。

かと言って全く暗い場所ではなく適度に光が入るくらいが良いです。

ベッドを買う前に愛猫の性格や好み、習性を確認しておくと良いですね。

冬だからこそもう一工夫しよう。猫ちゃんのベッドの場所

猫ちゃんのベッドが用意できたら次に考えたいのがベッドの置き場所ですよね。

寒い冬だからこそ猫ちゃんに快適な場所を選んであげたいです。

高い場所

冷たい空気は床に流れるので私たち人間が考えている以上に猫ちゃんは寒い思いをしています。

暖かいベッドを用意しても冷気にさらされながら寝るのはかわいそうです。

棚の上や飼い主さんのベッドなど床から離れた場所にベッドを置いてあげるのが良いです。

トイレや餌場の近い場所

冬用のベッドは保温性のあるものが良いですが、居心地が良くてベッドから出なくなることがあります。

特にトイレや餌場に行くのが億劫になることも。

なので二つの場所から遠くない場所が良いです。

日中は日向ぼっこできる場所が理想

猫ちゃんは暖かい場所が好きです。

我が家でも窓付近でよく日向ぼっこをしている姿を見ます。

かと言って窓際は冷気の当たる場所なので、少し離れた場所にベッドを置きましょう。

猫ちゃんが日向ぼっこをしたくなった時にすぐに窓際を行き来できるためでもあります。

あとは、部屋の温度は23〜25度程度が目安です。

以上、猫ちゃんの寒さ対策。冬用のベッドの選び方やタイプをお伝えしました。

猫ちゃんが快適に冬を乗り越えるためにも、猫ちゃんと一緒に対策を考えていきましょう(*^-^*)

愛猫のオススメの冬用ベッドはこちら!
↓↓↓
>>冬用ベッドならコレに決まり!