一戸建てで猫さんを迎える方へ!完全室内飼いへのコツと注意点とは

みなさんのお宅はマンションですか?一戸建てですか?

マンションだとどうしても生活スペースが限られてしまいますが、
例えばマイホーム一戸建てを建てるときに、猫さんと暮らしている方たちはどうしているのでしょうか。

せっかく広い一戸建てに住めるのなら、人も猫さんも快適な生活空間にしたいですよね!

今日はそんな一戸建てで猫さんを飼う方へ、注意点と室内飼いのポイントについてご紹介します!

一戸建てで猫を飼うメリットとは?広いと猫さんも安心?

まずは、マンションと一戸建て、それぞれの違いについてみていきましょう。

マンションでは、どうしても部屋数と広さが限られてしまいますよね。

わたしの自宅がそうなんですが、1Kのマンションで2匹も飼っていると、一部屋に猫トイレ・キャットタワー・人間の生活スペース・ベッドとギュウギュウ詰めです(笑)

猫さんは狭い空間でもうまく居場所を見つけて生活ができます。

キャットタワーや、キャットウォークの代わりになるように工夫して家具を配置すれば、運動不足からストレスを溜めることも防げます。

それでも、猫さんが一人になれる空間が足りなかったり、多頭飼いでお互いの仲が悪かったりすると、部屋数が少ないためにストレスを抱えてしまうケースがあるかもしれません。

対して一戸建てはというと、猫さん専用のいわゆる「猫部屋」も作ってあげられるし、お客さんが来たときに隠れるスペースもあるでしょう。

どうしても臭いのする猫トイレの置き場所も考えられるし、気分屋の猫さんたちはその日の気分で落ち着く場所を変えられます。

やっぱり人間と猫、お互いの暮らしやすさを考えると一戸建てというのはとても魅力的ですね!

ただし、広いだけあって隠れ場所が無限にあるので、「まさか脱走しちゃってないよね!?」と焦りながら家の中を探し回る、ということもあるかもしれませんよね(-“-;A …アセアセ

一戸建てだからこそ!猫さんの脱走防止のポイントは

1階の玄関やベランダは、猫さんにとってとても魅力的な外の世界につながるドア・・

一戸建てで猫を飼っている方の中には、半家猫とでもいうのか、自由に出入りをさせている方がいないわけではありません。

ただ、このように完全室内飼いをしないということは、いつ猫さんが帰ってこなくなるかも分からない、ということです。

自由に軒先を行き来するのが猫らしいという意見もあるかもしれませんが、交通事故、迷子、外猫とのけんか、近所のお宅での粗相・・

などなど、実際には危険なことやトラブルの元だらけですよね。

マンションだと高さがあるし、階段やエレベーターがあるので完全室内飼いが当然だと思うのですが、わたし個人的には外に出やすい一戸建てでもぜひ完全室内飼いが常識になってもらいたいと願っています。

では具体的に、どうやって猫さんの脱走を防止するのか。

まずは玄関手前の廊下部分に柵を設置するのがおすすめです。

もしくは、玄関からリビングまでにドアがあるお宅は必ず閉めるようにするなど。

とにかく玄関に自由に行ける空間から猫さんを遠ざけておくのが安心ですね!

ベランダも同様です。

網戸では爪で破れてしまいますので、必ずワイヤーフェンスを設置してもらいたいと思います。

どうしてもすり抜けて玄関に行ってしまう、という猫さんには、2階以上で生活してもらうのが最終手段です。

階段の途中にフェンスを設置して、完全に生活空間を切り離してしまうということです。

ただしずーっと2階に閉じ込められると飼い主さんとのコミュニケーションが不足してしまいますので、一家全員が帰ってきたら1階を開放してあげる、というルールを決めてやるのもいいかもしれませんね(*^-^*)

一戸建ては危険がいっぱい!?家の中での事故防止について

玄関や窓へのワイヤーフェンスの設置と家族の決め事で、完全室内飼いはできそうですね!

一戸建てで他に注意したいことは、階段での事故です。

猫さんがパニックになったときや興奮したときは、人間が信じられないくらいのスピードで走ったりジャンプしたりしますよね。

もし2階の階段から転がり落ちてしまったら・・

もし吹き抜けから下の階に落ちてしまったら・・

猫は高いところから落ちても大丈夫!と思われていますが、それは場合によりけり。

着地のときの体勢がおかしくなると、骨折などの大怪我につながります。

特に生後半年くらいまでの子猫ちゃんは要注意!

生活スペースを1階に限定して、階段の上り口に柵を設置するのがおすすめです。

階段の上下に柵があれば、夜寝るときには飼い主さんが2階に連れて行ってあげて一緒に寝室で寝る、というのも可能ですね。

階段周りが吹き抜けになっているおしゃれなお宅では、念のために階段上のスペースにネットを張っているという話もよく聞きます。

実はこれ、安全対策でもあるんですが、猫さんに大人気だったりして一石二鳥なんです!

ネットをハンモックのようにしてごろごろしたり階下を見下ろしたりできるのが、高いところが大好きな猫さんたちにとってはアスレチックのように感じるのでしょう。

いかがでしたか?

特に子猫の頃は、人間の赤ちゃんに対するのと同じように、家の中でも安全に気を配ることが大切です。

広い一戸建てだからこそ、マンションよりも気をつける箇所も多くなるかもしれません。

でも、安全グッズやお家の構造を最大限利用しながら、猫さんにとって安全かつわくわくするような空間にしてあげたいですね!

余談になりますが、今年は台風と地震が多く、被害に合われた方も多いと思います。

猫ちゃんもかなり怖がっていたはずです。

我が家の猫さん達も風邪が強くて凄い音でしたので、ずっと私の布団に潜っていました。

私の友達も被害にあった1人なんですが、隣の家の瓦が飛んできて、駐車場に3台並んで止まっていたのにも関わらず、見事に車に命中してガラスが割れたそうです・・・苦笑

その友達は「今日パチンコに行ってたら絶対に勝ってたわ!笑」と呑気でしたが。苦笑

それはそうと、一戸建てで猫ちゃんと暮らしている方もいるかと思いますが、そういう方に朗報です!

台風や地震の被害で貰いそびれてる火災保険金はありませんか?

もし貰いそびれてる火災保険金があるならしっかり受け取りましょうね!!

詳細はこちら
↓↓↓
>>台風・大雪・地震の物件被害調査はこちら