猫とお金の話。我が家の猫の一生にかかる費用はどのくらい?

現実的な話をしましょう。

ずばり、猫を育てるのにどれだけお金がかかるのか、です。

かわいいかわいいだけでは生き物は育てられません。

人間のように何千万という教育費用はかかりませんが、それでも毎月お金がかかります。

お金がないからこれ以上育てられない!という不幸なことを防ぐために、猫費用について考えてみましょう。

ぶっちゃけ月にいくらかかる?猫を育てるのに必要なお金と内訳

まずは、月にどのくらいコンスタントに出て行くのかを把握しましょう。

猫を迎えるにあたり、必需品の買い揃えと病院代で2万円くらいまでは準備できるといいと思います。

トイレ・ご飯と水用の食器・爪とぎ・キャリーケースなど、買い揃えると大体1万円ぐらいしょうか。

余裕があればキャットタワーなどを準備してあげたいところですが、それはお財布と相談ですね。

また、予防接種など一通りの病院代には5,000円くらいはみておきましょう。

これは動物病院によって大きく違いますので、地域の口コミなどで評判と値段を調査してかかりつけを決める必要があります。

その後コンスタントにかかってくる費用にはどんなものがあるかというと、大きくはエサ代とトイレ砂ですね!

エサは缶のウェットフードかドライフードか、市販のものかプレミアムフードか、などで変わってきます。

一般的には食費は月に2,000~4,000円くらいでしょう。できれば人工添加物などを使っていないプレミアムフードにお金を使っていただきたいですね!

トイレ砂は大体500円~1,000円。

色んなタイプが売られていますが、猫の好き嫌いを見ながら必要があれば別のものに買い換えないといけないかもしれません。

嫌いなトイレ砂でおしっこを我慢してしまって病気になっては大変です!

ということで月に5,000円くらいが定期的な出費になりそうです。

これだけだと、そこまで大変には感じませんね!飲み会を1、2回我慢すれば確保できそうです。

猫の一生にかかる費用とは。どんな出費があるのか解説します!

月々の出費はそこまで高額ではないことが分かりました。

では、猫の一生を見てみるとどうでしょう。

室内飼いで繁殖をさせない場合は、手術を受けていないと将来かなり高い確率で生殖器系の病気にかかってしまうことが分かっていますので、おそらく多くの飼い主さんが、猫の避妊/去勢手術を受けさせることを選択すると思います。

月齢でおよそ6ヶ月以降に手術を行うことができますが、その費用は大体オスで1万円~、メスは2万~が目安ですが、猫の状態によって前後しますし、病院によっても差があります。

安いだけのところを探すのではなく、きちんと地域の評判や病院側の対応などを材料にして、信頼できる病院を選んでくださいね。

また、年に一度は健康診断もかねたワクチン接種が必要です。

だいたい一回3,000円ぐらいでしょうか。ノミ・ダニが気になる場合にはくわえて定期的なノミ取りスプレーなどの処置も発生します。

その他では、突発的な怪我や体調不良による医療費が一番高額になりますね。

当然保険がきかない実費の処置ですから、一度の治療で数万円かかるというのは珍しくありません。

内臓の病気にかかってしまったら、治療・入院・療養食・検査などなど、長期間高額な治療費が負担になる可能性は十分考えておかないといけませんね。

東京都の行っている犬猫飼育の実態調査に詳しい調査内容がありますが、猫の一生でかかる金額はざっくり計算するとだいたい50万~150万円の家庭が多いという結果がでています。

猫を育てるのに安心のペット保険。やっぱり入ったほうがいい?

以上のように、エサやトイレなど定期的な出費は大したことがないものの、猫を飼うための費用では医療費が大きな割合を占めることになります。

高齢になればなるほど、慢性腎不全など完全に治癒をしない病気にかかってしまうリスクが増えて、医療費が継続的にかかってしまう可能性があるのです。

そこで、最近増えているペット保険は入ったほうがいいのかどうか。

悩みどころですよね!

これはみなさん考え方が違ってくるところだと思いますが、個人的には入っておくと安心だと考えています。

保険料の比較表サイトなどがありますのでぜひ一度調べてみてほしいですが、1歳の雑種猫で大体月額1,200~2,500円くらいです。

人間の保険と同じで、保障範囲や猫の年齢によって月額保険料が変わります。

掛け捨ての保険でもったいないと感じる人は、ぜひペット貯金として保険料と同じぐらいの金額を使わずに貯めていったらいかがでしょう。

月に2,000円でも猫の医療費として1歳から貯金していけば、リスクの上がってくる6歳になる頃には12万円。

十分余裕を持って猫のシニア期を迎えられますよね!

猫はシニアになるとかなりの確率でどこかに疾患が出てきます。

子猫のうちは元気で想像できないかもしれませんが、愛猫が万一病気になったときに備えて今からコツコツ貯めておくと、我慢させずよい治療を受けさせることができますね。

命を育てることは子育てもペットも同じ。

ご自身だけでギリギリ、もしくは赤字の生活の中では残念ながら猫を幸せに育て上げることは難しいかもしれません。

責任を持って猫を飼えるだけの余裕があるかどうか、飼う前に必ず確認してくださいね!