迷っているあなたへ、猫を飼うメリット・デメリットをご紹介!

猫を飼いたいけど、まだ心を決めきれていない・・
そんな猫好きさんへ、猫を飼うメリット・デメリットをご紹介します!

猫を飼う最大のメリットは!?科学的に証明された驚きのこととは

まず、メリットからご紹介。

猫を飼う最大のメリットって、何だと思いますか?

やっぱり、「癒し」ですよね!

実はこの「癒し」、科学的に証明されているんです。

人が癒しを感じるのは、オキシトシンというホルモン物質が関係しています。

そもそもオキシトシンは、出産のときに子宮を収縮させて赤ちゃんを押し出すために重要な働きをしているホルモンです。

ではなぜ癒しホルモンとか、幸せホルモンと呼ばれるのでしょうか。

実はこのオキシトシンは、パートナーと触れ合ったり、赤ちゃんに触れたり、家族で団欒したりすることでも分泌されることが分かっているんです!

そしてもちろん、ペットと触れ合うことでも。

わたしにとっては、横になっていると猫たちが胸の上でくつろいだり、足の間に挟まって寝たりしているときが至福の時間です。

もふもふした猫をなでて「あ~気持ちいい~幸せ~」と感じるのは、ただの感情ではなくホルモン物質による効果だったんですね。

このオキシトシンには、人のストレスや不安感を緩和する効果があるそうです。

実際、オキシトシン点鼻薬なるものまで販売されているそうです!

個人的には体内で自然に分泌されるものなので必要ないとは思いますが、うつや自閉症の症状に対してストレス、不安の治療法として注目されているようです。

ストレスが軽減されると体に現れる不調の改善につながるためなのか、アメリカでのある調査では、猫を飼う人は飼わない人よりも心臓病リスクが30%軽減される、という驚きの結果も出ているそうです!

しつこくするとガブっと噛まれたりしますが、特に仕事の忙しい一人暮らしの人こそ、猫を触って癒されて、心と体を健康に保つことが期待できます。

我慢が増える?猫を飼う前に知っておきたいデメリットとは!

さて、「癒し」が最大のメリットであることをご紹介した次は、デメリットについて。

実際わたしにとっては、猫と暮らしていてデメリットだと感じたことや我慢してると思うことはほとんどないんです。

でもこれを読んで、「あぁこれは結構なデメリットだ」と感じた方は猫を飼うことをおススメしません。

まず、泊りでの外出はなかなか自由にできなくなるかもしれません。

数日家を空けるときには、ペットシッターやペットホテルの手配が必要です。

週末など割とアウトドア派だという方は、誰が留守番できるのか、預ける手間や費用など、事前に考えておきましょう。

そして抜け毛。コロコロの粘着テープは手放せなくなります!

床も毛が集まってホコリがたまりやすくなりますので、今よりもマメに掃き掃除かドライモップがけをしないといけません。

うちの猫は短毛ですが、週末にはベッドの下からごっそり毛のかたまりが出てきます(汗)

また、猫は遊びを見つける天才です。

猫にとっての楽しい遊びが、あなたの目にはイタズラと映ることもしばしば。

トイレットペーパーの花吹雪ができたり、大事な書類や請求書を噛みちぎられたり、ゴキブリの狩に成功したらくわえて見せに来てくれたり・・

やられて困ることは、先回りして防止する努力をしなければいけません!

そして、当然エサをあげるんですから、下から出てきます。

猫のウンチもおしっこも、強烈に臭いです!

正直わたしにとっては想像をはるかに超えた臭さでした(笑)

しっかり覚悟を持って、食事も排泄も吐いたものも、愛情をもって世話してあげないといけません。

猫を育てることは赤ちゃんの世話にも似ていますが、子どもは成長とともに苦労の種類が変わりますよね。

少なくとも排泄や身の回りの世話は大きくなるにつれてなくなってきます。

でも猫は、15年くらいの猫生ずっと赤ちゃんです。

これらのお世話がちょっとでも「めんどくさそう」と思ったら、もう一度、本当に猫を飼えるのか、ということをじっくり考えてみてください。

猫を幸せにするために!猫を飼うための覚悟を決めましょう!

以上、猫を飼うことのメリット・デメリットをご紹介しましたが、いかがでしたか?

ペットとはいえ、命ある生き物です。

命を育てるということは当然、保護者としての責任が発生します。

子どものいないわたしにとっては、2匹の猫は自分の子どもと同じ覚悟と愛情で育てているつもりです。

大げさな、と思われるかもしれませんが、実際に生き物を育てるというのはそういうことだと思っています。

臭いことも汚いことも、イタズラも、それ以上の愛情があるから嫌だと思ったことはありません。

きっとそれは子育てと同じですよね。

そういう意味で、デメリットで挙げたことをデメリットだと感じる人は、猫を飼う心の準備をもう一度見直してほしいと思うんです。

メリットでは、猫が人を幸せにしてくれる、と書きました。

一緒に生活してなでているだけで安心感や幸福感を得られるのですから、存在そのものが猫のメリットなんですよね。

そのメリットを受ける飼い主は、お返しとして猫を幸せにしてあげないといけないと思っています。

そしていつか来る最期のお別れへの覚悟も当然必要です。

生きているものはいつか必ず死んでしまいます。

これに関しては、実際わたしは考えたくないし、心の準備もできません。

それでも、必ず最期のお別れをするまで面倒を見よう、という覚悟は持っていないといけませんね!

猫を幸せにして、猫から幸せをもらう。

そのWin-Winの関係を作るために、これから初めて猫を飼う人にはぜひ、覚悟を決めていただきたいと思います!