愛猫のための必須アイテム!「猫じゃらし」を極めよう!

猫飼いなら必ず一つは持っているであろう「猫じゃらし」は、猫さんの運動不足やストレス解消に欠かせないお馴染みのアイテムですよね。

ここでは猫じゃらしを使ったスキンシップをより楽しめる情報をお届けします!

愛猫が猫じゃらしで遊んでくれない!原因と対策とは

猫さんが遊んでいる姿ってメチャクチャかわいいですよね(*^-^*)

夢中になり過ぎてでんぐり返りしたり、変顔になったりして見ていて飽きません(笑)

しかし「家の猫様が遊んでくれない(涙)」と言う飼い主さんの嘆きも聞こえてきます……。

どうしたらクールな猫様に下僕……、ではなく飼い主はかまってもらえるのでしょうか!?(笑)

猫じゃらしを警戒しているのかも

野生のネコ科の動物は狩りをして生きていますよね。

その狩猟本能は家猫にも残っていて、遊びとして狩りのまね事をして攻撃衝動を発散しています。

簡単にじゃれついてこない猫さんは慎重に狩りを行うタイプなのでしょう。

無謀なことはしない、賢い猫さんなのかも知れませんよ。

猫じゃらしが危険なものではないと納得するまでじっくり見せてあげたり、最初は驚かさないように小さく動かしてあげると良いですよ。

猫じゃらしの動かし方がお気に召さない

飼い主が張り切って遊ぼうとしているのに、猫様から冷ややかな視線を向けられることがあります。

まるで「何してんの?」、「甘いニャ。出直してこいニャ!」と言わんばかり(涙)。

残念ながら、飼い主さんの猫じゃらしスキルが猫様の期待に及ばないのかも知れません……。

同じ猫じゃらしを使っても、動かす人によって猫さんの食い付きって変わるんですよね。

それから、同じパターンが続くと飽きてしまうのは人間も同じです。

猫じゃらしを動かすスピードに緩急を付けたり、カーテンや家具の裏からチラ見せしてみたり。

また、簡単に捕まり過ぎても、捕まらな過ぎても飽きてしまいます。

セットや演出が重要です!

猫様のために技を磨きましょう!

猫じゃらしその物がお気に召さない

動くものなら何でも良いという訳ではなく、猫さんによって音、匂い、触り心地など好みは様々ですから、猫じゃらしの素材や形が気に入らないと乗り気になってくれません。

ちなみにいくつも試した結果、私の愛猫はリボンや紐が付いたにょろにょろ動くタイプよりも、先端に「ふわふわ」が付いたスタンダードなタイプや、ワイヤーでイレギュラーに動くタイプが好みだとわかりました(笑)

好みがわかればこっちのものです!(笑)

毛皮や繭玉(まゆだま)など動物の臭いがすると特に喰い付きが良いですよ。

歳を取って落ち着きが出た

歳を取ると運動機能だけでなく狩猟本能も弱まり、動くのがおっくうになってきます。

ほどよく体を動かすことも健康のためですから、めげずにお気に入りの猫じゃらしで遊びに誘って、老猫さんに合わせた穏やかなスキンシップを楽しんでくださいね。

単に遊ぶ気分じゃない

気まぐれなのも猫様の魅力ですからね……。

無理強いすると飼い主さんにパンチが飛んで来るかも知れません。

※普段よく遊ぶ猫さんが急に遊ばなくなった場合はストレスを感じていたり、体調が悪い可能性がありますから様子を見てあげてくださいね。

猫じゃらしの疑問あれこれ

猫は人と遊んでるってわかってる?

仔猫やよほどの天然猫さんでない限り、人間が猫じゃらしを動かしているとわかっています!

その証拠に、遊んで欲しくなると猫じゃらしを人の近くまでくわえて運んで来たり、遊んでいる最中に手を止めると人の目を見つめてと不満そうに鳴いたりします。

テンションが上がり過ぎると、持っている「人」を攻撃してくる猫さんも……。

威嚇してる!?猫じゃらしをくわえて鳴くのはなぜ?

猫さんが猫じゃらしにじゃれ付いている時、彼らは「狩りごっこ」をしています。

すなわち猫じゃらしは「獲物」です。

猫じゃらしを離そうとせず、取り返そうとすると飼い主さんに向かって唸ることがありますが、それは「自分が捕った獲物だぞ!」と所有権を主張しているんですね。

狩猟本能の現れ方が激しいと、普段の姿からは想像できない攻撃的な一面を見せます。

こうなると普段の精神状態ではなく、うかつに手を出すと飼い主さんが怪我をしかねませんから冷静になるのを待ちましょう。

愛猫の豹変した姿はショックですが、決して飼い主さんを敵と思っている訳でも嫌っている訳でもありません。

成長するにつれ落ち着きが出てくるものですし、避妊・去勢手術によっても本能的な行動は穏やかになります。

「言うことを聞くように躾けなくていいの?」と心配になるかも知れませんが、猫さんとの生活で大切なのは社会的序列(上下関係)よりも信頼関係です。

豹変した姿を怖いと思うのならなおさら、些細なことで関係が壊れてしまわない様に安全な方法を取ることをおすすめします。

焦らなくても大丈夫ですよ。

「猫じゃらしの葉っぱ」は食べちゃっても平気なの?


「猫じゃらしの葉っぱ」の正式名称は「エノコログサ」と言うイネ科の植物です。

花穂の形が犬の尾に似ているため犬っころ草(いぬっころくさ)と呼ばれていたのが転じて現在の名前になったとされています。

猫が好んでじゃれ付くことから猫じゃらしの俗称を持った、言わば元祖猫じゃらしですね。

この植物に毒はないのですが、大量に飲み込むとうまく排泄できずに便秘や腸閉塞の危険がありますし、穂の先に付いている棘(のぎ)が刺さると痛いだけではなく、なんと体内にまで侵入し肺や脳に到達したケースも!

天然のおもちゃでも飼い主さんの目を離さないように気を付けなくてはいけないんですね。

気を付けて!猫じゃらしの落とし穴

誤飲に注意!

友人宅の猫さんが小さなネズミの模型が付いた猫じゃらしを使っていた時のことです。

ウサギの毛皮で出来ていて、とても気に入って遊んでいたんだそうですが、ある時友人の目の前で5㎝程のネズミの尾を引きちぎり、そのままペロリと食べてしまったのです。

あっと言う間の出来事だったそうです。

獣医師に電話で相談したところ、自宅で様子を見ることになり、幸い翌日になってウンチと一緒に出て来たそうですが、窒息や腸閉塞になっていたらと思うとゾッとしてしまいます。

以来、我が家でもネズミを含め、簡単に千切れそうな部品が付いたおもちゃは飼い主の前以外では出入り禁止です。

猫は紐や糸を途中で噛み切ることが出来ず、かなりの長さを飲み込んでしまうことがあります!

おもちゃを出しっぱなしにするのも要注意ですね!

遊び過ぎに注意!

「猫が飽きるまで遊びに付き合ってあげよう!」

実はこれ、必ずしも良いこととは限らないんです。

猫は瞬発力には優れていますが持久力があまりないため、長時間激しく動き続けるのは得意ではありません。

一回の遊びは10~15分間が目安です。

もし口を開けてハアハアと息をしだしたら(パンティング)、体の中に熱がこもってしまっている合図です。

続きをせがまれてもクールダウンの時間を取ってあげてくださいね。

いかがでしたか?

定番アイテム猫じゃらしですが、改めて見てみると奥が深いですよね。

この記事がお役に立つことを祈っています!

オススメの猫じゃらしはこちら
↓↓↓
>>猫じゃらしを再安値でゲット!