猫にニキビ!?黒いポツポツの正体とは?耳掃除も必要?

猫にもニキビができるってご存知ですか?

もし、一緒に暮らしている猫ちゃんのあごにポツポツと黒いものがあれば、それは猫ニキビです!

そして猫にも耳垢はたまります!

今回は、猫ちゃんの顎にニキビができる原因と治す方法、そして、耳のケアの方法などを紹介します。

猫ニキビはなぜできるの?

猫は喉を撫でてもらうのが好きですよね。

でも、あごに黒いポツポツが付いているのに気がついた事はありませんか?

キャットフードは茶系が多いので、「もー、フードのカスをつけている!」って勘違いしそうですが、これが猫のニキビの正体なのです!

猫ニキビとは、あごの下に黒い角栓ができることです。

猫ニキビは年齢、性別、品種は関係なく発症します。

炎症を伴う場合は「猫ざそう」と呼ばれます。

なぜ、あごの下にできるのでしょうか?

それは、あごに下に皮脂腺があるので、分泌がうまくいかないと発症しやすくなります。

去勢・避妊手術後は、ホルモンバランスが乱れてできやすくなるようです。

皮脂腺は、まぶた、あご、しっぽの付け根、唇などにもでき、発見しやすいのはあごの下です。

また、要因として、猫のフードボールやお皿にフードを食べている時にあごにバクテリアが付着してしまい、洗浄せずに続けて使っているとバクテリアが繁殖し、悪化してしまう場合もあるようです。

食器を清潔にあげるとニキビが減少する事もあるので、できれば毎回洗ってあげましょう。

また、プラスティックはバクテリアが繁殖しやすいようなので、フードもお水入れも陶器に変えてあげた方がいいです。

猫ニキビは重症になると、「猫ざそう」とも呼ばれ、赤く腫れあがります。

また、マラセチア菌などが繁殖することもあり、悪化すると膿が溜まってしまい、膿皮症(のうひしょう)になる場合もあるので、悪化させる前に予防してあげましょう。

猫ニキビの原因とやってはいけないこと。ケアの方法は?

猫ニキビのできる原因はホルモンバランスの乱れの他に、なんらかのストレスが原因で猫の免疫力が低下して、バクテリアの繁殖が抑制できなくなることがあります。

毛づくろいの不足や、猫の洗顔不足でバクテリアの繁殖が増えてしまうことがあります。

また、フードに含まれている成分が体質に合わない場合、皮脂が過剰分泌されてしまい、バクテリア繁殖に繋がってしまうこともありますので、赤みを帯びていたり、触ると痛がるのであれば、獣医さんに相談しましょう。

猫ニキビは日頃のケアで予防はできます。

これは獣医さんから聞いた方法ですが、 コットンをぬるま湯で湿らせ、指の先に巻きます。

そして、力を入れずにクルクルとふき取ってあげましょう。

一度で取れない場合もあるので、無理に拭くのはやめましょう。

拭く頻度は毎日でなくてもいいですが、あごは注意して見てあげてくださいね!

猫ニキビが多いなと感じたら、食後に顎をふいて、食べカスを落とすなど、清潔を保てば予防になります。

赤く腫れてしまっている場合は、動物病院で診てもらいましょう。猫用軟膏を塗ってくれます。

やってはいけない事は、人間用のニキビ薬は使わないで下さい!悪化します!

歯冠ブラシや歯ブラシも絶対に使わないで下さい!!

皮膚を傷つけ、炎症を起してしまう場合があります。

猫にも耳掃除は必要?ケアの方法は?

人間と同じように、猫にも耳掃除は必要です。

猫の耳は薄いですが、皮脂の分泌で茶色の湿った耳垢がでます。

猫の中には耳垢のでない猫もいますが、個体や体質的なものもあります。

猫の耳掃除は猫専用のイヤークリーナーも市販されていますが、自宅でできるケアとして、顎のニキビ同様、ガーゼやコットンにお湯を湿らせて優しく拭いてあげましょう。

間違っても無理に取ろうとしないで下さいね!

耳垢のたまる原因としては、皮脂腺の分泌や、外気のホコリで汚れが付着する場合もあります。

猫はすみっこや薄暗い所を好みますので、猫のいる所はまめに掃除機をかけましょう。

猫は床に近い分、ホコリも吸いやすいので気をつけてあげましょう。

2週間に1回ぐらいの目安で耳掃除をしてあげるといいですよ(*^-^*)

正常な場合は茶色で湿ったような感じで無臭です。

ですが、耳掃除をしているのに耳垢が多かったり、乾燥していたり、いつもと様子が違うなと思ったら、耳の病気が疑われます。

外耳炎、中耳炎、内耳炎と人間と同じような耳の病気になります。

耳垂れをおこしている場合もありますし、耳ダニも考えられます。

煩雑に耳をかいていたり、頭をぶるぶる振ったりしている場合は痒いのでそのような行動をとります。

早めに動物病院へ連れていってあげてください!

大切な猫ちゃんをいつもピカピカの状態にしてあげましょうね(*^-^*)

日頃のケアが健康の元です!