猫と散歩?猫にハーネスはなぜ必要か?ハーネスの種類と付け方とは

前回は猫ちゃんの首輪のメリット、デメリット、選び方のお話をしました。

今回は猫ちゃん用のハーネスについてご紹介します。

ハーネスはワンちゃんの散歩の時に着用している胴輪がすぐに思い浮かびますが、ホームセンターやペットショップに猫ちゃん用のハーネスを見かけます。

首輪と同様、室内飼いの猫は散歩に連れて行くわけでもないので付ける必要性があるのかと疑問に思う方がいらっしゃると思います。

「私も最初は猫を散歩に連れて行くの!?」と思っていました。汗

ですが、色々調べているとハーネスの必要性についても真剣に考えるようになりましたので、ハーネスの種類と選び方、付け方をご紹介したいと思います。

猫ちゃんのハーネスはどんなタイプがある?必要性と付け方とは

調べてみると、猫ちゃんのハーネスも様々な形や素材があるんですね。

ハーネスは大まかに分けて2種類あります。

それぞれのタイプのメリット、デメリットと一緒に説明します。

紐タイプ

前足の周りを回してつけるタイプです。

その中でH形タイプやハーネスとリードの一体型があります。

メリット

  • 動きやすい。

軽量なので猫ちゃんの体への負担がなく動きやすいです。

  • サイズを猫ちゃんに合わせて調整できる。

子猫から成猫まで幅広く使えます。

  • 持ち運びしやすい。

軽量なので荷物がかさばることがありません。

デメリット

  • 違和感がある。

ハーネス自体が猫ちゃんにとって違和感があり、動かない時があります。

  • 食い込みやすい。

暴れたりすると引っ張り具合によって猫ちゃんの首を絞めてしまい苦しくなります。

  • 抜けやすい

こちらも猫ちゃんの動きが激しくなるとするりと抜けてしまうことも。

脱走には要注意です!

ベストタイプ

洋服型のタイプで服を着せるように猫ちゃんの胸回りを覆うハーネスです。

メリット

  • 締め付けがない。

体を覆うので締め付けによる負担がありません。

  • 装着が簡単。

足を入れて背中のマジックテープを止めるだけで簡単です。

  • 抜けにくい。

体をすっぽり覆っているので簡単に体から外れません。

デメリット

  • 違和感がある。

体を覆う部分が大きいのでやはり猫ちゃんには違和感があります。

慣れるまでに時間がかかります。

猫ちゃん用ハーネスはどんな時が便利?必要性とは?

次は猫ちゃんにハーネスをつける意味と必要性を考えていきます。

診察を受ける時に脱走防止になる。

ほとんどのペットがそうだと思いますが、動物病院は大の苦手です。

診察台に上がった時は怖さのあまり震えたり固まったりしてるのではないでしょうか?

ただ微動だに動かないだけだったら良いですが、暴れると診察がスムーズに行えません。

動物病院にはワンちゃんだってきます。

ワンちゃんの声にびっくりして最悪脱走してしまうこともあり得ます。

そうならないように通院時はハーネス着用していれば脱走を防げます。

災害時に連れて行ける。

最近は集中豪雨、地震があちこちで起こっています。

大規模な災害が襲ってきた時は早急に猫ちゃんと一緒に逃げなければなりません。

避難する時に猫ちゃんが逃げ出さないようにするにはハーネスは必須アイテムです。

避難場所を確保出来ても他の住民も避難してきてるので猫ちゃんが不自由な思いをしなければなりません。

ただでさえ環境の変化には弱いです。

ずっとキャリーに入れっぱなしだとストレスになります。

たまには散歩をさせて外の空気を吸わせるにもハーネスがあれば便利ですよね。

以上のことから、普段から猫ちゃんにハーネスを慣れさせるために散歩・トレーニングすることが必要になります。

猫ちゃんのハーネスの付け方と注意点!

いざという時のために猫ちゃんにハーネスを慣れさせることですが、嫌がってつける手間がかかることがあります。

徐々に慣れさせるにはどんな方法があるか見ていきましょう。

ハーネスを見せる

猫ちゃんにとっては見慣れないものを警戒する生き物です。

普段からハーネスを見えるところに置いてたらそのうち警戒しなくなります。

猫ちゃんのサイズを測る。

猫ちゃんの首回り、胴回りを測ります。

ハーネスは人間の指が一本入るくらいが目安です。

ハーネスはサイズ調整ができるものや猫ちゃんに合ったものを選んでください。

ハーネスに触れてみる。

いきなり装着すると返って猫ちゃんが嫌がってしまいます。

まずは猫ちゃんの体に触れさせます。

これを慣れるまで繰り返します。

バックルを止める。

猫ちゃんがハーネスを触ることに慣れてきたら早速つけてみます。

最初は数秒から始めて少しずつ付ける時間を長くしていきましょう。

リードで歩く練習。

ハーネスを付けることに慣れてきたらさあ次のステップとして歩く練習をしましょう。

最初は動かないかもしれません。

数歩動いたらハーネスを外してあげましょう。

そして次は少しずつでいいので歩く距離を長くしていきましょう。

少しずつ慣れてきたら室内やお庭、マンション内でのお散歩の練習をしてもいいと思います。

ハーネスの練習はやはり慣れるのに時間はかかります。

しかしそこは飼い主さんも根気強く頑張ってくださいね!

猫ちゃんが最終的にハーネスが平気になったら万が一の時でも付けやすくなりますので、安心、安全ですよね!