今最も注目されている猫の種類は日本猫!その歴史と魅力を一挙紹介!

『猫』と一口に言っても種類はいっぱいいますよね。

人気の猫種といえば、垂れ耳と丸顔が愛らしい『スコティッシュフォールド』や手足の短さから動きがちょこちょこと可愛い『マンチカン』、大きい体格で可愛い鳴き声というギャップ萌えな『メインクーン』など、挙げだしたらキリがありません。

そんな中、今最も注目されているのは『日本猫』であるというのをご存知でしょうか?

ですが、日本猫と言われてすぐ「あの猫だ!」とイメージできる方は少ないかもしれません。

実際私も日本猫という種類にどんなものがいるのか詳しくわかりませんでした。

そして調べてみてビックリ!

こんなにもいろんな種類がいるということに加え、私達の生活に馴染みすぎているからこそほとんど知らなかった事実が判明したのです。

ここでは意外と知られていない『日本猫』という存在とその歴史、誰をもとりこにしてしまう魅力まで一挙紹介しちゃいます♪

猫の種類『日本猫』の特徴と歴史

あなたの猫は『日本猫』?日本猫の特徴とは

『日本猫』とは、日本で長く親しまれている日本特有の猫の種類の総称で、『和猫』とも呼ばれています。

日本猫の特徴

  • 丸顔で鼻筋が通っている
  • 全身の毛が柔らかく短い
  • 手足が太い
  • 世界的にも珍しい短いしっぽの猫が多い
  • 毛並みが美しく色柄も鮮やかではっきりしている
  • 性格は活発で人懐っこく、飼い主に比較的従順  …etc.

日本猫の顔は、スッと鼻筋が通ったいわゆる『イケメン』や『美人』。

耳の毛も比較的短めで、キリッとした顔立ちが特徴です。

それに合わせて全身の毛も短い傾向にあり、頭からしっぽまでの体のラインが綺麗に出ています。

またしっぽに関しては長かったり極端に短かったりといろいろですが、しっぽの短い猫というのは世界的に見ても珍しい、日本猫特有のものです。

しっぽが短い猫が日本で一般的になった理由として、長いしっぽは蛇を連想させることや、長いしっぽが分かれた妖怪『猫又』が生まれるのを忌み嫌ったからなど、諸説あります。

毛並みも非常に美しく、三毛猫など色柄も世界的にみて珍しいものが多いのも大きな特徴です。

性格も活発で行動力があり、人懐っこく、飼い主さんに比較的従順と言われています。

もしこれから猫を飼うという方にはぜひオススメしたい、とても魅力的な猫ちゃんです♪

『日本猫』が『日本猫』と呼ばれるまで

猫は犬と祖先が同じ、というのは有名な話ですよね。

実際に縄文時代の日本では犬はすでに家畜として犬は存在していましたが、猫は存在自体は確認されてはいたものの犬と同じように飼われてはいませんでした。

それでは、日本古来から存在する猫はいつから『日本猫』と呼ばれるようになったのでしょうか?

縄文時代からはるか時は過ぎた奈良時代のこと、『日本猫』のルーツはそこにありました。

奈良時代に経典などの書物をネズミから守る益獣として中国から持ち込まれたのが『日本猫』の始まりだと言われています。

平安時代には和歌や物語に度々登場していたことから、人々にとってかなり身近で親しまれている存在だったとわかりますね。

さらに時は流れ、近年になって外来種の猫が国外から持ち込まれ始めると、日本猫と外来種の猫の混血が生まれるようになりました。

つまり混血の猫は純粋な日本特有の猫ではなくなってしまうということですね。

そして絶滅が危ぶまれたことから『日本猫』という基準が生まれ、種の保存が始まりました。

『日本猫』と呼ばれ始めたのはその頃からだと言われています。

毛色でわかる!『日本猫』の種類を一挙公開!

先程もありましたように、『日本猫』の毛色は世界的に見ても非常に珍しいものが多く、その種類も多岐にわたります。

ここでは『日本猫』として認定されている毛色と種類を部門別にご紹介します!

もしかしたらあなたの飼っている猫ちゃんも『日本猫』かもしれませんよ♪

単色部門(ソリッドカラー)

全身がムラのない単色のもの

  • 白 … 毛色は真っ白。目色は金色、青色、または金色と青色などのオッドアイ。
  • 黒 … 毛色は真っ黒。目色は金色。
  • 灰 … 毛色はグレー。目色は金色。
  • 赤 … 毛色は深い橙色。目色は金色。

2色部門(バイカラー)

白い地の毛色が全体の4分の1以上で他の色が体の上側にある2色のもの

  • 黒と白 … 体の上側が真っ黒。目色は金色。
  • 灰と白 … 体の上側がグレー。目色は金色。
  • 赤と白 … 体の上側が深い橙色。目色は金色。
  • 縞と白 … 体の上側がいずれかの色の縞模様。目色は金色。

斑部門(バンバイカラー)

白い地の毛色に他の色が斑のように耳やしっぽにあり、斑の個数が2~3個程度の2色のもの

  • 黒と白 … 斑の色が真っ黒。目色は金色。
  • 灰と白 … 斑の色がグレー。目色は金色。
  • 赤と白 … 斑の色が深い橙色。目色は金色。
  • 縞と白 … 斑がいずれかの色の縞模様。目色は金色。

三毛部門(キャリコ)

白い地の毛色に加えて黒と赤の模様が入った3色のもの

  • 三毛(キャリコ) … 縞のない黒と赤の斑模様。目色は金色。
  • 縞三毛(キャリコタビー) … 縞のある黒と赤の斑模様。目色は金色。
  • トビ三毛(バンキャリコ) … 黒と赤の模様が耳としっぽに分布。目色は金色、青色、または金色と青色などのオッドアイ。

縞部門(タビー)

いろいろな色で形成される縞模様のもので、模様はサバトラとキジトラと赤トラは『マッカレル・タビー』、雲型のみ『クラシック・タビー』と呼ばれている

  • サバトラ … 毛の地色はブルーグレーで模様は黒。全体的に黒の鯖のような模様。目色は金色。
  • キジトラ … 毛の地色は赤茶色で模様は黒か黒褐色。全体的にメスの雉のような模様。目色は金色。
  • 赤トラ … 毛の地色は淡い橙色で模様は濃い橙色という赤の濃淡のみで形成される縞模様。目色は金色。
  • 雲型 … 毛の色は赤と茶色で全身に雲の渦巻きのような模様。目色は金色。

混色部門(パーティカラー)

様々な色が斑模様に複雑に混ざり合ったもの

  • サビ(トーティシェル) … 毛の地色は黒で赤やクリーム色が斑に分布した模様。全体的な色調は鉄錆色。目色は金色。

一口に『日本猫』といってもいろんな種類がいるんですね!

『日本猫』を知ることは『日本猫』を守るための第一歩

今や私達の生活に最も近いといっても過言ではないペットの存在、その中でも猫を飼われている方は相当数いらっしゃることと思います。

スコティッシュフォールドやマンチカンなど可愛らしい猫ちゃんは世の中にたくさんいるにもかかわらず、今になって何故『日本猫』が注目されているのでしょうか。

例えば三毛猫ですが、遺伝子の問題でオスがほとんど生まれないなどの理由から今個体数は減少傾向にあると言われています。

他の種類の日本猫も同様です。

外来種と交配することにより純粋な日本古来の猫というのが少なくなってきているのです。

私が小さい頃は近所の公園で遊んでいると必ずといっていいほど三毛猫やサビ猫を見かけていたものですが、最近はそういった猫を見かける回数もめっきり減ってきました。

それはつまり『日本猫』といわれている種類の猫が、この日本で少なくなってきているという何よりの証拠ではないでしょうか。

種の保存というのは大変難しく、険しい道のりです。

ですがひとりひとりが『日本猫』を知ることで『日本猫』が広く深く理解され、結果として種を守ることに繋がるのではないかと私は思います。

日本猫は性格も活発で明るく従順ですので、どのご家庭にも馴染むことができるでしょう。

きっと猫ちゃんにとっても飼い主さんにとっても楽しいにゃんこライフになること間違いなしですよ♪