絶対あげないで!猫に食べさせたらダメな食べ物とは!

猫さんと暮らしていく中でのお悩みのひとつがこれ、

「猫が人間のご飯を食べたがるけど、少し分けても大丈夫!?」

わたしも猫と初めて暮らす方から聞かれることがあります。

今回は、初めて猫と暮らす方にぜひ知っておいてほしい、猫さんに絶対ダメ・危険な食べ物についてまとめたいと思います!

猫に人用の食べ物はダメ!危険がいっぱいな理由とは

基本的に、人の食べ物は猫の体にとってよくないことが分かっています。

もちろん特定の食材が中毒やアレルギーを引き起こすからダメ、ということもあるんですが、もうひとつの大きな理由は過剰な「塩分」や「糖分」です!

人が美味しいと感じる料理や加工品のほとんど全てに塩コショウやおしょうゆなど、なんらかの味付けがされていますよね。

「うちは薄味だから~」っというご家庭のご飯でも、実は猫にとっては必要以上の塩分や糖分が含まれているんです。

根本的に、人に必要な栄養バランスと猫にとって理想的な栄養バランスはまったく違うと考えてください!

例えば料理用のかつお節。

猫さんも大好物の香りで、うちの猫さんたちも封を開けると飛んできます。

これも実は猫さんにとっては塩分が多すぎます。

日常的におやつとしてあげてしまうと、ミネラル過多となって尿路結石など腎臓系の病気の原因となってしまいますので要注意です!

少量なら問題ないと思いますが、なるべくペットショップなどで手に入る猫おやつ用のかつお節に切り替えてあげてください。

それでも食卓に参加したそうな猫さんの顔を見ていると、「ダメ!」と叱るのはかわいそう、少し分けてあげたいな~っと思うことも。

そんな愛猫家の方は、猫さん用に少量別で作ってあげるのはいかがでしょう。

例えば、鶏肉や魚は猫さんの大好物ですよね。

我が家で料理に鶏肉を使うときは、人間用とは別で味付けせずに少し湯がいたり蒸したりしたものをあげたりします。

あくまでメインのご飯ではないのでほんの少量ですが。

動物性タンパク質は猫さんにとってとても重要な栄養素ですので、油や味をつけずに加熱したものは分けてあげても大丈夫ですよ!

猫に玉ねぎは超危険!命にかかわる食材があるってホント?

猫さんにとって一番危険で、人間にとって身近な食材。

それが玉ねぎ!

玉ねぎだけでなく、同じネギ類のネギ、ニンニク、ニラ、アサツキなども同じく危険です。

ネギ類は猫に「溶血性貧血」を引き起こす食べ物です。

貧血は様々な要因で血液中の赤血球の量が減り、体中に十分な酸素が運べなくなる病気です。

赤血球が減る要因のひとつが「溶血」。

文字通り、体の中で赤血球が溶けるように破壊されてしまう状態です。

この「溶血」を引き起こす成分が玉ねぎなどのネギ類に含まれているのです!

猫にとっての貧血は命にかかわる病気。

初期症状こそ、元気がないとか食欲がない、など軽症ですが、そこから適切に治療をおこなわないと昏睡状態から死に至る恐ろしい病気なんです。

ニオイがきついので生のネギ類を積極的に食べたがる猫さんは少ないと思いますが、ネギ類は加熱しても危険なままです。

玉ねぎの入ったハンバーグ、ニンニクを効かせた炒め物やネギが入ったお味噌汁など、人間にとっては入っていて当たり前の食材なので、気付かないうちに猫さんが摂取してしまう可能性もありますね。

また、知識のない子どもさんなど他の家族が、「欲しがってるし少しくらい大丈夫」と分けてあげてしまうかもしれません。

ネギ類の危険性については家族みんなでしっかり理解してもらい、食卓であげないのはもちろん、食材や生ごみ、食べ残しを出しっぱなしにしないように十分気をつけてあげてくださいね!

貝類も危険?猫に危険なその他の食材

ネギ類の他にも、猫にとって危険な食材はたくさんあります。

人間の食卓に上りやすいものを中心にご紹介します!

貝類・イカ・生魚

猫さんの大好物と思われがちな魚介類。

意外なことにその中にも危険なものが含まれています。

アワビやサザエは昔から猫に与えると「耳が落ちる」と言い伝えられています。

これは中毒症状を表したもので、これらの貝類に含まれる成分が、太陽の光によって毛が薄い耳などを中心にひどいかゆみを引き起こすのです。

耳がちぎれるくらいひたすら掻きむしってしまう症状を表した言葉だったんですね!

また、イカやアサリ・ハマグリなどの二枚貝、青魚も注意です。

特に生で食べるとビタミンB1欠乏症を引き起こし、様々な神経症状(まひ、ふらつき、痙攣など)が現れ、失神や昏睡など命の危険まであります。

白身・赤身の生魚も、なるべくなら与えない方が安心です。

味付けなしで火を通し、骨のない状態でほぐしてあげると喜びますよ!

生卵、牛乳

生卵や牛乳など、人間の健康にはよいとされる食材もちょっと待って!

生卵に含まれる白身の成分が体によくない上、消化もしづらくサルモネラ菌の危険性も。

猫さんにとって必須なものではないので、加熱していたとしてもあえて食べさせてあげる必要はありません。

人間用の牛乳は成分が調整されていたりして、猫さんにとっては乳糖が多すぎて分解できません。

飲みすぎるとお腹を壊したり、日常的に飲んでいると肥満にもつながります。

ミルク好きの猫さんには必ずペット用ミルクをあげましょう!

チョコレート、カフェイン、アルコール

この3つ、わたしの大好物ですが・・ (笑)

チョコレートやココアに含まれる成分には、猫の心臓や呼吸器を興奮させるものが含まれます。

不整脈や痙攣を引き起こして大変危険なので、少量でも舐めたりしないよう気をつけましょう。

コーヒーや緑茶に含まれるカフェイン。

胸がどきどきしたり、お腹が痛くなったりと苦手な人も結構いますよね。

猫さんも同じで、体が小さい分症状は深刻です。

異常に興奮したり、下痢やおう吐を引き起こしますので要注意です。

アルコールは絶対にダメです!

猫はアルコールを分解する酵素を持っていません。

人間の二日酔いの原因でもあるアセトアルデヒドを自力で無害にできないため、ずっと体の中を毒素が回り続けることになるのです。

ほんの少しの量で急性アルコール中毒となり、急死してしまう危険があるのです。

晩酌に付き合ってもらいたいという気持ちはわたしもありますが、絶対に飲ませたり舐めさせたりしないでくださいね!

猫ちゃんにはどんな食事がベストなの?

ここまで猫に絶対食べさせてはいけないダメな食べ物のお話しをしてきました。

猫にとって食べさせてはいけない食べ物についてはイメージできたかと思います。

ただ、ダメな食べ物については分かったけど、

「どんな食べ物を食べさせたらいいか」

についてはお伝えしていなかったので、猫にどんな食べ物を食べさせたら健康的に長生きできるかお話しします。

市販のキャットフードが無難!

猫はとにかく塩分の多い食事を摂ってはいけません。

先ほどもお伝えしましたが、塩分の多い食事はミネラル過多となってしまい尿路結石など腎臓系の病気の原因となってしまい寿命をぐっと縮めてしまいますので要注意です!

あなたの大切な家族である猫ちゃんの寿命を縮めるなんて、絶対にしてはいけないことです!

であれば、塩分調整されている市販のキャットフードを食べさせてあげることをおすすめします。

キャットフード選びは超重要!

ただ、市販のキャットフードであればどれでもいいという訳ではありません。

市販のキャットフードの中でも極端に安いものは意外と塩分が含まれていたり、よくわからない成分が入っていて、本当に猫ちゃんのことを考えているのかわからない成分もあります。

反対に、価格が高ければいいという訳でもありません。

価格が高くても、安い価格のフードと使っている成分は変わらなかったり、ただ利益を得るためだけに猫ちゃんの体にとっては良くない安価な原材料を使用して価格を高くしているキャットフード会社も多く見受けられます。

なので、市販のキャットフード選びは慎重に行わなければなりません。

数百種類あるキャットフードでNo.1とは?

私は大切な猫ちゃんの為に色々と試行錯誤をして、数百種類のキャットフードを試してきました。

おかげで、良いキャットフードか粗悪なキャットフードなのかは原材料名一覧を見ればすぐにわかるようになりました。

ペットフードの原材料は1番多く使用されている原材料を左から順番に書くように定められているのはご存知でしたか?

今まで試してきた中には、猫ちゃんの体調を崩してしまうという劣悪なキャットフードだってあります。

その中でも、あるキャットフードだけは

  • 7年以上与え続けても飽きていない
  • 年々健康的になってきている

というキャットフードを見つけました。

もちろん、猫ちゃんの個体差にもよると思いますが、このキャットフードだけは今までと明らかに違いました。

毎回、同じキャットフードばかり与え続けると飽きちゃう子で、すぐそっぽを向いちゃう子だったのに、このキャットフードに変えてから毎回自分からフードをもらいにくるように・・・笑

しかも、キャットフードの成分がとっても健康的なので食べれば食べるほど健康的に。笑

おかげさまで、うちの猫ちゃんは7年くらい病気になっていません。

我が家の先住猫の日本猫、マロンは10歳ですが、今でも部屋中を走り回ったり、ブラッシングしたあとの毛で作ったボールでよくサッカーもしています。(笑)

このキャットフードは普通のキャットフードに比べたらやや高めの金額ですが、それでも猫ちゃんが健康的になってくれたら私にとっては安いくらいです。

しかも、このキャットフードを食べ始めてから病気になってないので、安いキャットフードを与えて不健康な体になり、それで病院代がかかってしまうくらいだったら、最初から良いキャットフードをあげたほうが猫ちゃんのためですよね。

ちなみに、そのキャットフードはこちらの記事で紹介していますので、もし興味があったらちらっと覗いてみてください。

終わりに

いかがでしたか?

わたしは猫さんと暮らし始めた最初の頃に、「人間と猫でこんなにも食べ物が違うのか!」と驚いた記憶があります。

大切な猫さんのため、子猫の頃から人間の食べ物との区別をしっかりつけて、食卓に上ることに慣れてしまわないようしつけをしたいですね(*^^*)