猫のトイレのしつけの方法とは?掃除はどうすればいい?

猫さんを完全室内飼いしている飼い主さんにとって一番重要なしつけ、それはトイレのしつけですよね!

でも実は猫さんの本能を利用すればトイレトレーニングは簡単なんです。

今日は、猫さんを迎える上での基本、トイレのしつけについて解説します!

猫にとって理想のトイレとしつけの方法とは?

まず初めに、猫さんたちがどんなトイレを理想としているのか、です。

人間もそうですが、トイレが落ち着けないと安心して用を足すことができませんよね。

猫さんたちの最重要こだわりポイントは以下の3つです。

1.設置場所

トイレの場所は実はとっても重要です。

  • 人がバタバタ通らない、落ち着ける場所
  • 寝床からは近く、食事場所からは遠い場所
  • 換気ができるか風通しがよく、においがこもらない場所

基本的には人間と同じ感覚と思って良さそうですね!

もちろん猫さんファーストで考えていただきたいですが、ひとつ気にしてほしいのが飼い主さんの目が届く場所であるということ。

排泄時の様子や、健康な時だいたい一日に何回トイレに行くのかなどを把握できていると、排泄の異常から小さな病気のサインに気付きやすくなります!

2.数

トイレの数は基本的には「猫さんの数+1」といわれていますよね。

これは、一つのトイレで何か気に入らないことがあった場合に予備となるトイレがあればベターだということだと思います。

特に複数飼いのお宅だと、他猫さんのニオイのするトイレは使わない!という猫さんがいることも。

そんなときには数に余裕をもって設置してあげるのがいいでしょう。

3.清潔さ

実は一番猫さんがこだわるのがこれ。

実は猫さんは凄いデリケートで綺麗好きなんです!

だから、清潔さ、ニオイにとっても敏感です。

トイレが汚れていたりおしっこの固まりが放置されていると抗議のためにトイレの前で鳴きながら掃除を待つ猫さんの話も聞いたことがあります。

砂だけでなく、トイレの壁やフチの汚れ・ニオイも見逃してはくれないので、理想は1~2週間に1回トイレの丸洗いをする習慣をつけましょう!

ちなみにトイレが2個ある我が家では、週に1回一つずつ交互に洗っています。

それぞれ2週に1回ごとですね。

他にも、屋根がついているかオープンタイプか、砂はどれがいいか、猫さんごとに違う好みがあります。

こればかりはいろいろと試しながら、お宅の猫さんの好みを発見してもらうしかありません。

ちなみに我が家の猫さんは閉鎖的なのが嫌いらしく、屋根なしオープンタイプで砂が粒の小さな鉱物系で落ち着いています。

猫のトイレのしつけの方法。タイミングとコツとは?

では、猫さんのトイレのしつけはどのタイミングでおこなえばいいのでしょうか。

すべての猫さんは、本能的に砂地があるとそこで用を足す習性があります。

しかもご丁寧に、用を足した後にはまわりの砂をかき集めて排泄物を隠します。

この習性こそ、猫さんが室内飼いに向いているといわれる大きな理由になっているのでしょう。

赤ちゃん猫の間は自力で排泄ができず、お母さん猫がお尻を舐めてあげた刺激で用を足します。

その時期が終わって自力でふんばることができるようになったら、トイレのしつけのタイミングです。

だいたい生後3~4週間目がこのタイミングにあたります。

初めの数回、猫さんがトイレを探しているときにトイレの場所を教えてあげると難なく覚えられる子がほとんどですので安心してくださいね。

トイレを探しているかどうやって判断するの?ということですが、

  • 床をうろうろしながら、臭いをかぐ仕草をくりかえす
  • 床をひっかいて掘ろうとする
  • 掘ろうとした後、後ろ足をつけてかがんだ体勢をとる

これらがトイレを探しているサインです。

トイレサインに気付いたら、猫さんの体勢が決まる前にそっと抱きかかえてトイレに入れてあげてください。

何度か臭いを嗅いだ後、うまく排泄してくれるでしょう。

数度くりかえすとあとは自分で場所を覚えてトイレに入っていくようになるでしょう。

トイレに連れて行ってあげるときに、「漏らしちゃう!」と焦ってバタバタと子猫に近寄ったりすると猫さんもパニックになりますから気をつけてくださいね。

また、トイレに入れるのが間に合わなかったりしても、決して大きな声を出さないこと。

猫さんが、トイレをするのは悪いことなの?と思わないように常に優しく、そっと、落ち着いて対処してあげてくださいね!

トイレをうまく使ってくれない!?猫が粗相をする原因とは

大抵の猫さんは、飼い主さんがうまくトイレに誘導してあげればすぐに場所を覚えてくれます。

ただ、何度かトイレに入れてあげても自分からは入っていこうとしない、という場合には、もしかするとトイレの何かが気に入らないのかもしれません。

我が家でもそれがあって、覚えたかなーっと思っても粗相が続きました。

うちの猫さんの場合、理由は

  1. 屋根付きの閉鎖的なトイレが嫌い
  2. 木屑のトイレ砂が嫌い

以上の2点だったようです。(トイレ砂高いヤツだったのに・・涙)

砂を変えて、取り外し可能なフードをはずして試したところ、その後一度も粗相をすることはなくなりました!

またうちの2匹の猫さんたちはそれぞれトイレを共有しても気にならないようなんですが(一度トイレの外で順番待ちをしている光景を見ました・・汗)

これはレアなケースなのかもしれません。

一般的には他猫さんの臭いのついたトイレは嫌がる、と言われています。

ですから複数飼っていて、後輩猫さんがなかなかトイレに行きたがらない場合には、ぜひその猫さん用の新品のトイレで試してみてくださいね。

それ以外にトイレに行きたがらない原因は、ほとんどが設置場所かトイレの汚れだと思われます。

猫さんはトイレが気に入らないと、粗相をする以外にもなんと、排泄を我慢してしまったりするのです!

排泄を無理に我慢していると、膀胱炎や尿路感染症など、泌尿器の病気になってしまう危険があります。

いかがでしたか?

猫さんのトイレのしつけは決して難しいことではありません。

猫初心者さんでもちょっとしたコツをつかめればすぐに覚えてもらえるでしょう。

でも、しつけがうまくできたからもう大丈夫、ではなく、猫さんのトイレにいくときの様子は常に観察してあげてくださいね。

猫さんからの、ちょっとここ変えてほしい!という無言の訴えに早めに気付いてあげたいものです!