スコマンチってどんな猫?その交配の危険性と禁止の理由を解説!

あなたは短足で有名なマンチカンの中に「垂れ耳マンチカン」や「スコマンチ」と呼ばれる猫がいるのをご存知でしょうか?

実はこれ、折れ耳と丸い顔立ちで大人気のスコティッシュフォールドマンチカンをかけあわせた猫のことを表しているんだそうです!

スコティッシュフォールドもマンチカンも、実は軟骨異形成の遺伝疾患が現れやすい品種。

今回は、そんな2つの猫種を交配して大丈夫なのか、健康上の問題がないのかを調べてみましたのでご紹介します!

スコマンチの特徴とは?猫種として認められているの?交配は禁止にするべきでは?

耳の折れたマンチカンは、折れ耳のスコティッシュフォールドと短足のマンチカンを交配した場合に生まれます。

今大人気の「折れ耳」と「短足」をもち、愛嬌たっぷりのスコティッシュフォールドの性格と、好奇心旺盛なマンチカンの性格を併せ持つ遊び大好きな猫種になるでしょう。

たれ耳(折れ耳)マンチカンは、別名「スコマンチ」と呼ばれ、純血種ではなく「ミックス」となります。(以下、スコマンチと呼びますね)

スコマンチの公認

スコマンチは、どの血統登録団体からも公認されていない猫種です。

つまり、分類上は雑種/ミックスと呼ばれる猫なんですね。

そもそも、スコマンチの親にあたるマンチカン自体が公認するかどうかいまだに対応がわかれている猫種なのはご存知でしたか?

TICA(ザ・インターナショナル・キャット・アソシエーション)は1995年に公認しましたが、その他の登録団体は認めていません。

これは、突然変異からきたと考えられるマンチカンの短足では、腰やお尻、脊椎に問題がある可能性が拭えないとしているからなんです。

マンチカン自体の歴史が浅く、データから遺伝性疾患のリスクの判断材料が少ないのが現状のようです。

スコマンチも同じで、その存在がわかってからまだ日が浅く、個体数も多くありません。

この交配ではスコティッシュフォールドの耳折れとマンチカンの短足の遺伝子を持つこととなり、健康面でのリスクが大きいため交配自体に疑問が投げかけられているんです。

公式団体の中には、スコティッシュフォールドとマンチカンの交配を禁止している団体が多くあります。

TICAでも、「マンチカン」×「他の純血種」の交配は禁止していますので、事実上スコマンチを生み出すことは禁止されているということになります。

スコマンチが抱える問題

このように、スコマンチが抱える問題は遺伝性疾患へのリスクにあります。

両親それぞれから受け継ぐ遺伝疾患や病気になるリスクがあまりに大きく、積極的に交配できないということなんですね。

そもそもスコマンチは、折れ耳のスコティッシュフォールドとマンチカンの交配の場合のみ生まれてきます。

(スコティッシュフォールドには耳が折れていない子もいます)

実はこの可愛らしく見える折れ耳、耳の軟骨が突然変異によって硬くなったものなんです。

折れ耳のスコティッシュフォールドの遺伝疾患である「骨軟骨異形成症」は、生後数ヶ月~2歳ぐらいまでに発症する場合があります。

スコティッシュフォールドはこの遺伝疾患が現れるリスクを軽減するために、「折れ耳」×「折れ耳」の交配が禁止されているほど。

同じくマンチカンも、「短足」×「短足」は禁止。TICAでは足の長さの違うマンチカン同士か、他の雑種との交配しか認めていません。

登録団体が軒並み消極的なこの2つの猫種の遺伝疾患のリスクを受け継いで生まれてくるのが、「スコマンチ」というわけなんです。

猫種の交配の中でもタブー視されている理由が何となくわかってきましたね!

マンチカンもスコティッシュフォールドも平均寿命は10~13年と他の猫種よりも短く、したがってスコマンチも遺伝疾患の確率から寿命が伸びないだろうと考えられます。

猫の研究を重ねた品種改良は良い事だと思われますが、短命で遺伝性疾患を持って生まれてしまうというのがわかっているのであれば、疑問が残ります。

現在は、折れ耳のスコティッシュフォールドが骨軟骨異形成症を発症しないようにできないか、という研究がされているそうです。

日本国内でも複数の研究者が取り組んでいるようで、もし可能になって遺伝性疾患のリスクが大きく減らせれば、将来的にスコティッシュフォールドとマンチカンの交配が公認される可能性はあるかもしれませんね!

かわいいところを掛け合わせて新種を作っても、その猫さんたちが病気に苦しみ短命に終わってしまうのなら増やすべきではないというのが多数意見です。

親猫が命を懸けて産むのですから、命の尊厳というものを考えてほしいですよね!

次に、スコマンチが注意しなければならない病気について具体的に詳しく見てみましょう。

スコマンチのかかりやすい病気とは?

骨軟骨異形成症

やはりスコマンチの一番の疾病リスクは、スコティッシュフォールドの遺伝子からくる「骨軟骨異形成症」です。

上でちらっと書きましたが、スコティシュフォールドの特徴である折れ耳は耳の軟骨の突然変異であり、いわゆる「奇形」です。

耳だけに現れるならいいのですが、骨軟骨異形成症ではそれ以外の関節にある軟骨も骨のように硬くなり、変形したりコブのようになってしまいます。

スコティッシュフォールドの中でも特に折れ耳の子の発症率が高く、成長とともに変形が止まったとしても完治はしないんだそうです。

足の関節、特に足首が変形したり動かなくなってしまうと、歩けなくなるほどの激痛を引き起こします。

変形性関節症、椎間板ヘルニア

一方の短足のマンチカンも、腰に負担がかかりやすいため様々な病気のリスクがあります。

関節に炎症が生じて激痛が走る骨関節炎=変形性関節症や、背骨の間にある椎間板が潰れて変形してしまう椎間板ヘルニアなどが挙げられます。

変形性関節症の悪化要因の一つとなる骨軟骨異形成異常は遺伝性疾患のため、親猫の病歴などにもよく注意したいところです。

外耳炎

スコティッシュフォールドと同じく折れ耳のスコマンチの耳は、外耳炎にかかりやすくなります。

折れ耳は耳の中に湿気がこもりやすいので、まめに掃除をしてあげないと耳垂れや炎症になってしまいます。

外耳炎の原因は耳掃除不足の他にもダニアレルギーや菌への感染などがありますが、原因によって治療法が異なります。

中が見えづらい折れ耳だからこそ、こまめに耳のチェックをして予防してあげましょう。

毛球症

マンチカンもスコティッシュフォールドも、短毛種と長毛種どちらも生まれてきます。

特に長毛種の場合には毛球症に注意が必要です。

こまめにブラッシングをしていないと、猫がグルーミングのときに飲み込む抜け毛が多くなり、これが消化器官の中に溜まってしまうことがあります。

うまく吐き出せないままその毛玉が固まってしまうとますます出てこなくなってしまい、消化器官が詰まってしまうのが毛球症です。

まずは日頃のブラッシングを、そして飲み込んだ毛をできるだけ体外に排出させるために猫草を与えたりヘアボールケアに適したフードをあげたりすることで予防できます。

他にも、スコティッシュフォールドがかかりやすいとされる「肥大型心筋症」などの内臓疾患や、猫全般にかかりやすい尿路結石・腎不全などの泌尿系の病気にも注意したいですね。

子猫の頃から定期的に健康診断を受けることは必須です!

早期発見・治療によって、痛みの軽減や進行を遅らせる事ができます。

猫は痛みを隠す動物ですので、飼い主さんが日頃からよく観察し、なにか普段と様子が違う!と異変を感じたらすぐに病院で見てもらいましょう。

何もなければないで、飼い主さんも安心ですもんね!

愛猫が健康で楽しく暮らしてくれることが一番いいことです。

スコマンチのお値段、相場はどのくらい?

では実際、スコマンチを入手できる場はあるのでしょうか。

基本的には交配がタブーとされていることもあり、スコマンチを取り扱うブリーダーさんは少ないのが現状です。

ごくまれに、ブリーダーさんがネットで公開していたり、ペットショップで見かけることもありますが、ほとんど流通していないと言っていいでしょう。

幻のようにかなり珍しい猫種ですね!

親であるマンチカンのお値段は月齢や足の長さによって大きく変わりますよね。

約5万~30万円ぐらいまで幅があるようです。

一方でスコマンチの値段は約30万円以上と言われています。

市場に出る事がほとんどないスコマンチですが、飼うとなった場合には

  • 出生経緯
  • 遺伝疾患
  • 両親の病歴、健康状態

などの情報を詳しく教えてもらい、できれば両親にもあわせてもらうのが理想です。

ペットショップでは親猫の病歴などは詳しく教えてくれないと思いますが、ブリーダーさんの連絡先を教えてもらいご自身で確認を取れるといいですね。

本来はどの猫ちゃんでもそうなんですが、将来病気になるリスクが高いと思われるスコマンチの子猫を迎えるには、より一層詳しく情報収集をして納得した上で家族に迎えるかを決めてくださいね!

スコマンチを飼う上での心構えって?

ここまで、スコマンチの遺伝性疾患のリスクや登録団体の扱いについて見てきましたが、いかがでしたか?

個人的にはまだ猫種の定着が十分でないと判断されているマンチカンとスコティッシュフォールドの交配には反対です!

それでもどうしても飼いたい!という方へ、スコマンチを飼う上で必要になる心構えについて書かせていただきます。

ブリーダーの見極め

現状スコマンチがペットショップに並ぶことはほとんどないと思われます。扱っていたとしても、上で書いたようにブリーダーさんまでたどって情報収集することが必要です。

ペットショップ経由で情報収集するにしても、ブリーダーから直接購入するにしても、その見極めがとても大事になってきます!

残念ながら、営利目的で無理なブリーディングを繰り返した上崩壊してしまったり、劣悪な環境で交配を繰り返すブリーダーはいます。

そんな環境からレスキューされた猫や犬もたくさんいるのです。

命の尊さを考えないで商売をしている悪徳ブリーダーはたくさん存在すると、まずは知っておいてください!

特に今日本でブームになっているスコティッシュフォールドとマンチカンは、言い方は悪いですが「お金になる」んです。

そういったブリーダーから購入してしまわないように、必ず環境のチェックと両親の血統や健康状態を確認してくださいね!

また、ブリーダーはそれぞれ公式団体に所属していると思いますので、登録証を確認させてもらうなど細やかに対応してくれるところから購入しましょう。

猫を飼う上で

あとはスコマンチに限りません。

生き物を育てる上での覚悟を持ってください。

猫の中には、全く病気にならず天寿をまっとうしたという猫さんもいるでしょう。

しかし、一般的に猫に病気はつきものなのです。

そのときには、できるだけの治療と愛情を注いであげてほしい、と思います。

動物病院に支払う医療費はとても高額になります。

療養食ともなると一般のフードよりも高額ですし、薬を飲み続ける場合には一度の治療費だけで終わらないのです。

ある程度の経済力がないとそもそも飼育はできません。

もちろん医療費以外にもフードやトイレ用品など、一生継続的にかかる出費はいろいろあります。

ご自身(ご家族)の収入が安定しているか、万一病気になってもずっと治療とお世話をする覚悟と心構えがあるか、もう一度振り返ってみてください。

スコマンチは可愛いです。魅力的です。

でも、「猫を飼いたいから」「見た目がかわいいから」という安易な理由で衝動的に飼うことはやめてくださいね!

途中で放棄はできません。

終生、お世話をする覚悟で猫を飼ってくださいね!

辛口雑誌の「ネコDK」でも1位に輝いたカナガンが先着1000名限定で100円モニター募集中!

\先着順なのでお早めに!/
↓↓↓
カナガンキャットフード